スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝霧先生(ry 10話 学園長室でgdgd。

漆黒の堕天使速報。女子寮の近くを徘徊していたので、タマが不意打ちのぬこビーム放ち気絶させ、転移魔法を使用し神多羅木の所に送り付けました。

「ヒゲグラの連射を避ける事など不可能に近い件」
「じゃから生暖かい目で見守ってやっとくれと……」
「この件の、タマの判断は間違った物ではないかと、特に何も用事がなく一般人でもないなら、警戒されてしかるべきです。それにあの辺一帯は、許可のある男性以外、近づいてはいけないと伝えてあったはずですから」
「せったんウイングでモフモフするのを邪魔されたから、ついカッとなってやった。反省はしてない」
「うーむ……まあ、何か間違いがあってからでは遅いからのう……今回は彼の自業自得と言う事でこの件は手打ちじゃ」

漆黒の堕天使迂闊過ぎる。もっと色々考えて行動して下さい。女子寮の近くを徘徊とか、どう見ても怪しい人です。教えてくれたのはマナマナ。刀子さんも庇う気が起きない様です。

「他に何かあるかのう?」
「……先日の襲撃についてですが。いつもは並、もしくは並以下の術者だけだったはずですが、今回は高位の術者が混ざっていました。最後に召喚された鬼も別格でしたし……」
「うむ、向こうの過激派も本腰を入れてきたという事かのう……まったく婿殿も」
「いやいやいや、長側の術者って結構凄い人ばっかりでしょ? その人達を取り込んだだけでも良しとしとかないと。いくらトップの人間でも細部まで抑えられるとは、到底思わんのですよ」

詠春おじ様過労死するんじゃね? 今度エヴァに頼んで、疲れに利く魔法薬でも作ってもらおう。対価は……足でも舐めとけばいいか―――タカミチが。

「あちらの動きが活発になると、せったんのストレスが溜まってしまう! そうなるとこのかにも影響が出かねないよじいちゃん!」
「う、う~む……しかしのう……現段階では何をしても向こうを刺激してしまう恐れがあるからのう……まあ、そんな事よりもじゃ! このかの婿選びしようぜ!」
「そういう事をするから、お嬢様の学園長に対する好感度が下がるのです! まだ中学生ですよ? 遊びたい盛りなのです! お肌もピチピチだし…って誰が老け顔のおばさんですかー!?」
「誰もそんな事言ってないから落ち着いて! じいちゃんも、このかじゃなくて刀子さんの見合いを手配するべき!」

やっぱり振られたのかなぁ? 刀子さんからかうと面白いのに、反応が可愛いし。瀬流彦先生、ちょっとMっぽいから意外と合うんじゃないかなぁ……防御型の後方支援タイプだから神鳴流とも相性良さそうだし。今度瀬流彦先生に発破かけてみよ。あ、そういえば。

「図書館島のドラゴンってやっぱり門番? あの奥に何あんの? キャシーも俺が奥に行こうとしたら「めッ!」って叱ってくるんだが」
「「めッ!」と叱るドラゴンとかシュール過ぎるんですが……ちょっと見て見たいかも」
「ここだけの話あの奥にはのう………ラスボスが住んでるんじゃ!」
「な、なんだってー!? な、なるほど、つまり俺はまだイベントをこなしてないから進めないんですね、わかります」

でもイベントって何こなせばいいんだろう? どんなフラグを立てればいいのか、あとでぐーぐる先生に聞いてみよう。ドラクエ的に考えると、あの奥にどこぞの姫様が監禁されている訳だけど……マジで気になる。
キャシーを倒しても多分、あの奥には行けないんだろうなぁ、というかそんな事出来ません。あんな可愛い竜に攻撃を仕掛けられる訳がない。

「ドラゴン×ぬこ……種族を越えた愛とか絶対流行るだろう…」
「流行りません。流行ったら困ります」
「そんな事を言う刀子さんは、一度DQMをやるべき」
「ワシのわたぼうちゃんが強くてぷりちー過ぎる、デスタムーア(最終)の嫁になぞやらん!」
「ゲームする時間があるくらいなら、新しい恋を探しに行きます」

新しい恋でありますか? 麻帆良は広いから色んな人がいる訳なんだけど、その中に刀子さんの胸をきゅんきゅんさせる男が何人いるのだろうか。

「顔で選んでる人間は三流、中身で選べる事が出来てようやく二流、刀子さんはいつになったら一流になるの?」
「い、言ってくれますねタマ……そういう貴方こそどうなんですか!?」
「ぬこは種族を選ばないので超一流です。人間だろうと、ぬこやドラゴンだろうと、好きになったら一直線です」

せったんもこのかも茶々丸もキャシーも皆大好きです!

「良い事言うのうタマは、ご褒美にこのかを嫁にやろう」
「今ならせったんも付いてくるんですね! 俺ぬこなのにリア充過ぐる!」
「タマはその前に、長を打ち倒さなければなりませんけどね」
「俺、詠春おじ様に勝ったら、このかと結婚するんだ……」

正直勝てる気がしないよ! 「現役引退しますぅー」とか言っておいて、今でも鍛え続けてる始末。
現役を離れた神鳴流剣士でも、稀に戦闘能力が落ちない人間がいるらしい。詠春おじ様は落ちる方だと思うけど、鍛えまくってるからなぁ……剣とか全然見えないし。

「茶々丸と幸せ家族計画でも立てようかな……あの子マジで良い嫁になるわぁ」
「エヴァンジェリンの従者でしたか? まあ、あの真祖、グータラですからね」
「10年以上も学校通わされたら誰でもああなると、タマは思います」

中等部通いっ放しの刑はきついだろ。それを10年以上も続けさせられるんだから、たまったもんじゃねぇな。

「ナギのアホたれが……術式が複雑すぎて従来の登校地獄に戻せんとか……」
「せめて修学旅行くらい行かせてあげようぜ! エヴァの奴、修学旅行の時期になると、行き先を調べたり、ため息ついたりしてるんだぜ!」
「何て不憫な子なのでしょう……うッ…不覚にも涙が…」
「その件に関しては尽力してみよう……修学旅行とて学園のイベントの一つじゃし、もしかしたら呪いを誤魔化す方法があるかもしれん」

俺も詠唱魔法使えたらなぁ……こういう時に役に立たないとか駄目副担過ぎる。ただし、ニクマン・ピザマン・フカヒレマン、てめーは駄目だ。 俺ならニコポ・ナデポ・ミンナガポ、だな。うん、素晴らしい! 詠唱してぇー!

「レイジングハートとかどっかに落ちてないかなぁ……」
「あんなもん落ちてたら、魔法使いのパワーバランスがおかしくなるわい」

いやいやいや。世の中には規格外の人達がいるからさ、むしろレイハさん持ってようやく渡り合えたりするんじゃないかな。まあ、魔法使い全員がレイハさん装備とかなったら、さすがに悪夢だけど。

「刀子さんはバルディッシュ。常にスク水フォームね」
「何の事かはわかりませんが、謹んでお断りさせて頂きます」

似合うと思うんだけどなぁスク水フォーム。

「しずな先生はクラールヴィント。レヴァンティンは胸が足りないけどせったん」
「夜天の書はこのかじゃな? うむ……悪くないのう」

長谷川に協力してもらって、衣装作ってもらおうかな? ザッフィーはガンドルたん、俺は仮面ぬこ勇者王。なのはさんは誰がいいかな?

「DVD貸して上げるから、刀子さんも見ておいて!」
「……まあ、確認するだけなら」

ストライカーズでポカーンとなるに一票。魔法先生の中でなのはを流行らせたいです。
なのはだけじゃなくバスタードとかも、流行らせたい。俺みたいな派手好きは、ああいうのに憧れてしまうのであります。

「春日美空がやる気無さ過ぎて、正直持て余してるってフカヒレさんが言ってた」
「…フカヒレ?」
「シスター・シャークティ」
「本人の前で呼ぶのはやめなさいよ?」
「約束は出来ないけど努力はしてみる。でどう? 刀子さんしごいてみる?」
「……刹那の稽古にも付き合ってやれないのに、そんな事出来るはずがありません」
「ふむ、多少スケジュールを調整しとくから、弟子の稽古に付き合ってあげなさい」

これでせったんのストレスも少しは解消出来るかな? 俺も今度相手して上げよう。ぬこモードでフルぬっこにしてやんよ! 逆にフルボッコされそうだけど、気にしたら負けかなと思ってる。



11話へ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://gdgd081.blog89.fc2.com/tb.php/17-f012ce01

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。