スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝霧先生(ry  37話 模擬戦とか巻き巻きがgdgd。

「ハンデをくれてやろう」
「ハンデ?」

エヴァが言うには、詠唱魔法、糸、従者、浮遊術の四つを使わないんだそうな。外ならともかく、中なら最悪、糸で身体の自由を奪って闇の吹雪という、所謂なのはさんのバインド→ブレイカーコンボとか可能だからな。浮遊術は俺に合わせているんだろう。詠唱魔法なんて、先に挙げた例の他にも、様々な鬼畜コンボがあるし。何よりそれらを扱わなくても、エヴァは強い。腕の一振りで、周囲を薙ぎ払うとか反則過ぎる。

「チャチャゼロは奥で酒を飲んでいるし、茶々丸は貴様と戦うのはあまり気が進まないと、以前から言っていたからな」
「心の友……茶々丸……俺、ちょっとだけ頑張ってみる」

勝算は無きに等しいけど、毎度言っているが経験にもなるからな。ここはエヴァの無い胸を借りるつもりで、少し足掻いて見るか。

――“魔法の射手装填”。

「ほう? 相変わらずいい速さだ。クックックッ……少しは楽しませて見ろ!」

ちいッ! 無駄に移動速度が速い! 魔力を込めた手刀っ…最終形態なら障壁で受け止められるが、今の状態だと簡単に破られるだろう――ならッ!

「そぉい!」
「ふんッ! その気の抜ける掛け声はどうにかならんの――かぁッ!」

ぬこのしっぽで受け止めていた手刀に力を込められ、後方に吹き飛ばされる。馬鹿力にも程があるわ! 衝撃波のおまけもついてくる始末だしな。

――障壁全開。

周囲に張り巡らされている障壁を前方に集中させ衝撃波をやり過す。すぐに追撃して来ない所がエヴァらしいが、油断は出来ない、何故なら――

「そらぁッ!」
「ぐあっ!? こ、こんちくしょう、影を使った転移かっ!」

背後からの掌打が、いくつか保険に残して置いた障壁を貫き、俺の背中にめり込む。 外よりも内、内臓にダメージを与えるとか、こいつ本当に――外道だな! 一瞬、息が止まりかけたわ!

「―――うらっ!」
「甘いぞ馬鹿霧」

何とか体勢を立て直し、回転の勢いをそのまま乗せ斬り付けるも、手刀に止められる。だが、これが狙いだよこんちくしょー!

「ぶっ飛べロリッ娘!」
「ぬっ!」

エヴァの無防備な腹に装填した魔法の射手を乗せた掌打を打ち込む。加減はしない、出来ない、そんな事すればすぐに終わってしまう。一撃一撃に全力を込めなければエヴァには届かない。

「ぐうぅぅぅぅぅッッらあッ!」

左腕を振り抜き吹っ飛ばす。その間に次の魔法の射手を装填を左手と、ぬこのしっぽに装填。追撃したいところだが、迂闊に飛び込むと――いや、これは何だ? 魔力を溜めている?

「クックックッ、私も暇でなぁ? 貴様がぼーやの護衛で居なくなっている間に、試した技があるんだよ」

ああ、このロリババァ、タカミチに触発でもされたな? あのヒゲッ! 余計な事をしくさってからに! 魔力の集束量からして……やばそうな雰囲気だな。

「耐えてみろ――“カラミティウォール”……もどき」
「うぉい!?」

お前も漫画に影響されんなよ!? って、ほとんど再現出来てるじゃねぇか!? 何だこの馬鹿魔力の壁はッ!? おまけにえっらいスピードなんだけど、しかもご丁寧に凍結まで付加してやがる! 直撃したら凍結と衝撃のコンボで粉々になりそうじゃねぇか! ああ、もう!

「―――ッ!?」

足が重いっ、 転移で逃げようとしたら……これは影? 腕だけを影から出してやがる。 回避もさせないつもりかよ、こうなったら一点にぶち込んで凌ぐしかねぇ! 左手魔法の射手解放し迫り来る馬鹿魔力の壁に向け撃つ。

「はああああ!! 貫けぇ!!」

続いて――ぬこのしっぽ魔法の射手一点集中! 左手の一撃で出来た壁の綻びにぶち込む!

「あああああ!! ああ、ちくせう! もうちょっと手加減しやがれえええ!!」

瞬動でエヴァの腕を振り解き速度も乗せ、壁を突っ切る。興味本位で、後ろを振り返って見ると、えっらい事になってる……ここが別荘じゃなかったら、凄い被害になりそうだ。頼むから、自重しろこの野郎。

「ハハ…ハハハハ! 本当に今のを凌ぐとは思っていなかったぞ、褒めてやるよ」
「あーあー、はいはい、ありがとさん」

攻め切れないな……決め手が無いから凌いでカウンターと行きたいところだけど、こいつの攻撃はどれもこれも規格外だからな、いくら再生能力を持っているからって、ホイホイ喰らいたくはない。……なら。

「―――“断罪の剣”」
「ほう、考えたじゃないか」

魔法の射手もぬこのしっぽに乗せられたからな、もしかしたらと思って試したら出来ちゃった。おまけに媒介としての効果もあるらしく、普段使っている断罪の剣よりも数段上の出力だ。

「どれ……少々打ち合ってみるか? “断罪の剣”同士でな?」

エヴァの右手に具現される断罪の剣。んのやろう、格の違いがどうとか言いたいのか? たく、後悔してもしらないよ? 俺が!

瞬動で距離を詰め斬りかかる。剣術なんぞロクに使えないが、暴力とは時として何よりも強い。その証拠に――

「はは、やるじゃないか。まさか拮抗するとは思わなかったぞ!」
「お褒めに預かり凶悦至極ってねぇ!!」

何とか打ち合う事が出来る……が、拮抗? 確かに打ちあった瞬間は拮抗してたが、こっちは徐々に押されてるんだっつーの! 魔力で強化した吸血鬼の力に、気で強化した俺の力が押されてるんだよ! このチートボディが!

何とか振り払い、距離を取り、再度切り結ぶ。一合、二合、三合――打ち合う度に凄まじい圧力が身体を襲う。こんな事なら並の剣術でもいいからやっときゃ良かったよ! 力任せにやり過ぎると、今度は合気の要領で受け流されるし、んっとにやりづれぇ!

「いいぞ! いいぞ馬鹿霧! 思いの他成長したじゃないか!」

これでも影で努力してんだよ、力が無いといざって時に後悔すんだろうが、たく。とと、エヴァ自ら距離を取っただと? 何考えてる?

「貴様のソレは燃費が悪いのだろう? ならば、次の一撃を持って、この模擬戦を終了しようかと思ってな」

そりゃありがたい。賢者の石の贋作のおかげで、魔力運用の効率はいいが、それでも断罪の剣は魔力を喰う、威力がある分尚更な。だったら――魔力注ぎ込めるだけだけ注ぎ込んでぶっ放してやるよ!

ぬこのしっぽを振りかぶり――刀身を伸ばす、柔軟性を加え衝撃の威力を高める。

「はあああああああ!!」
「ハハハハハハ!!」

衝突する互いの断罪の剣。衝撃で床が破壊され、周囲に瓦礫が飛び粉塵が舞い上がる。全開だった、エヴァは知らんが俺は全力全壊で放った……が、エヴァの断罪の剣には及ばず―――

―――右腕が肩ごと斬り飛ばされた。

あの激突の代償が、右腕だけで済んだのは……ぬこのしっぽのおかげか。痛っ……頭が冷えたら、傷口の痛みが……取り合えず、出血止めておかないと、周りが俺の血で酷い事になってる。

「ああ、裕香! せ、せっちゃんせっちゃん どないしよ!? 裕香の腕がぁ!」
「大丈夫です、落ち着いてくださいお嬢様。朝霧先生ならあのくらいの傷すぐに治りますから」

あ、このかに説明すんの忘れてた。エヴァの方は……ちっ、無傷かよ。高スペックお婆ちゃんめ。

「ククク……まさか、打ち消される寸前まで行くとは思わなかったぞ」
「あ、そうなの? 今の状態でそこまで持っていけたのなら上々だわ。でもどうせならエヴァも最大出力でやって欲しかったな」
「まあ、途中からそうしてやってもいいか、とは思ったんだが。ああいう近い力の打ち合いと言うのも、悪くはないと思ってな。貴様も、アレを媒介にしたのは正解だった様だからな」

それに関しては俺も予想外、まさかここまでの効果を発揮してくれるとは思っていなかったわ。これなら、修練次第でもっと昇華出来そうだ。今のところコレよりも威力のある奴って言ったら、魔法の射手最大数最大出力くらいなもんだし。今回は10程度の集束しか使わなかったからな、つか、エヴァ相手に最大出力まで溜める暇なんて無い。アル(ryに色々聞いて試してみるかな。

「朝霧先生」
「ん、ありがと茶々丸」

茶々丸が拾ってきてくれた右腕を、傷口に合わせて再生再生っと、消し飛ばされても一応再生出来るけど、魔力の消費が激しいからな。残ってただけでも儲けもんだと思わないと。

「はあ……良かった。ウチ、あんなん見るの初めてで動揺してもうたわぁ」
「すまんすまん、血とか傷とか気持ち悪かったろ? 女の子に見せるもんじゃあないわな」
「ふん、今回のは近衛木乃香、貴様の為にもなる事なんだぞ? 覚悟を決めたのだろう? ならば、自分が置かれている状況を理解しろ。今回の模擬戦とて、実際に起こりうる可能性のある物なのだからな」

確かに、な。あんまグロいのとかはそう見ないとは思うけど、無いとは言い切れないし。一度見ておく必要もあったかもな。このかの覚悟なんてもう知っているし。この程度は何ともないとは思うけど。

「気分悪くなったりしてないか?」
「うん、せっちゃんやアキラちゃん、それに茶々丸さんが隣におってくれたし」
「それならいいけど……せったん、一応、魔力供給しながらやってたんだから、気と魔力の合成の修練は勿論?」

うっと言葉を詰まらせる。やってなかったな、こんちくしょう。まあ、魔力供給しながらの模擬戦ってのも有意義だったしいいけどさ。あの程度なら、供給しながらの戦闘も問題はなさそうだ。……しかし、何だ。

「アレでもまだ、せったんの全力真・雷光剣に及ばないんだからなぁ」

せったんとの模擬戦で、一度喰らった事があるけど。さすが決戦奥義、威力がマジぱねぇっス。

「確かに今は私の技の方が威力は上でしょうが……むしろ、初めてであれほどの威力を叩き出せた事に驚きました、あの剣は思っていたよりも使える様ですね」
「この馬鹿霧は必殺技に括っているからな……まあ、アレを貴様本来の戦い方に組み込んだなら、私でも対応に困るんだろうな、困るだけ、だが」

裏技の事ね。んでもアレは、何となく今使うべきじゃないかなっと思いまして。エヴァがさっきの条件でも全力でやって来られてたら出してたかもしれないけど。カラミティもどきん時くらいしか全力出してないだろ、無詠唱も使って来なかったし、まったくこのロリババァは。……ま、あの条件でもエヴァの全力なら、逃げるので精一杯だろうけどな。

「朝霧先生って、思ってたより凄かったんだね。あんなの出来るの桜咲さんと茶々丸さんくらいかと思ってた」
「タカミチと一日中殴り合う様な奴だぞ? これくらいは出来なければな」
「あれはお遊びみたいなもんだって、本当に殴りあっただけだし」
「一日中という所が凄いんじゃないかと……」

タカミチとの修行じゃ日常茶飯事だったんだよ。どんな方法でもいい、互いに極限まで追い込む。これが意外といい感じだったし、だからタカミチとの修行は楽しいんだよ。咸卦法使われたらやばいけどな。ありゃ本当に凄いわ、伊達に究極技法じゃねぇ。羨ましい……タカミチもげろ。

「今の力を高める事は、タマの時と最終形態の時の力を高めるのと一緒だからなぁ」
「そういえば、朝霧先生って、タマの時の方が強いって言ってたもんね」
「ほへぇ……タマって凄い猫なんやねぇ」

ぬこは強いんだよ。ぬこのしっぽもタマん時の尾に接続出来るからな。本当にいいもん造ってくれたわ。さすが伝説の迷剣ぬこのしっぽ、気で強化するだけで、エヴァの手刀を受け止められるなんて最高じゃないか! 対物対魔両方に優れてるとか、盾としても優秀だな。最終形態の尾から造っただけあって、相性良過ぎるわ。

「さて、俺はちょっと休憩するわ。せったんは俺から適当に魔力持ってって合成の修練、クウネル氏曰く『心を無に、左手に世界を、右手に自分を』だそうだよ。アキラはエヴァにちょっと見てもらってて。このかはさっきの続き。茶々丸は……お、お待ちかねの…巻き巻きタイム!」
「このニート野郎め、さっきも言ったが、貸しだからな」

はいはい。うまい棒の他にチロルチョコも付ければいいんだろ? まったく、エヴァは本当にお菓子が好きなんだな、可愛い可愛い。

「それでは朝霧先生、向こうでゆっくり巻いて頂けますか?」
「もちろんさぁ!」

久しぶりの巻き巻きタイム。今回はどんな反応を見せてくれるのかな? 先生ドキドキしてきました。奥にある、ベッドに茶々丸が座り、その膝の上に俺が乗って、前から頭を抱き込むようにゼンマイを巻く。顔を見ながらって言うのがたまらんのです!

「茶々丸? 入れるよ?」
「……はい、優しくして下さいね」

どぅふふ、それはどうかわからんよー。ゼンマイを入れて…魔力を込めて一巻き。

「んっ~~っ~っ!? ゆ、ゆっくり、お願い、します」

注文通り、ゆっくり、ゆっくり……巻く度に身体がビクビクと反応して、ちょっとエロい。……テンション上がってきた!

「あっ…ぁんっ! は、激しっ…んぁあっ!? こ、声がっ…」

巻く速さを上げたら、さっきよりも更にえちぃ反応が。頬が赤くなって可愛いんだが? このままでは俺の賢者タイムが終わってしまう!

「ぁあああ あぉしゃぎりせんせいぃ、はげしいぃれしゅぅぅぅ!! このぉおおままれは、きもちよしゅぎてどうにかにゃってしまいぃましゅぅぅぅっ!?」
「ちょっ!? おま、茶々丸、何でみさくら語になってんの!?
「しらにゃいぃぁああああぉいぃらに、とうしゃいぃしゃれたぷろぐらむのぉおおようれしゅぅぅぅが!」

誰だよ、茶々丸に『みさくら語』なんて、組み込んだのは!? 滅茶苦茶驚いただろうが!? 構わずに巻き続けるけどな!巻く速さも更にアップ!

「かいぃかんがちゅよしゅぎて、らめぇぇれしゅぅぅぅッ! このぉおおままれは、わたし、わたし、へんににゃってしまいぃましゅぅぅぅ!!」

別荘中に響き渡る様な声を上げた瞬間、身体を仰け反らせ、ビクンッビクンッと激しく痙攣しながら、脱力してもたれかかって来る。前に巻いた時は、『みさくら語』なんて搭載されてなかったのに。まあ、これはこれで、可愛いからいいや。……眠くなって来たし、このまま寝よう、おやす――

「寝ルナ朝霧。丁度イイカラ一緒ニ飲ムゾ」
「心の友! お前本当に影が薄いのな!」
「ソレヲ言ウナ、ホレ御主人ノ秘蔵ノ酒ダ」

さすがチャチャゼロ。エヴァにバレるのなんて関係ないぜ! 茶々丸は……たまには俺が膝枕をしてあげよう。まだビクビクいってるし。可愛いメイドさんとこんな事をするとか……瀬流彦先生に自慢しよう。……よく考えたら、酒飲むと余計眠くなるんじゃ……別にいいか。三人の修行風景でも眺めながら、まったりまったり頂きます。









と、グータラしつつ、修行付けたり修行したり、寝たり起きたり、飲んだり。このかは次回から、瞑想に行けるな。一日経ったから、別荘の外へそぉい! さらに転移でアキラの部屋に移動。

「俺、ちょっと野暮用あるから出てくるわ」
「じゃあ、今日はもうタマにならへんの? せっかく抱き枕に――」
「まだ、もふもふ禁止です、お嬢様」

相変わらず反応が速い。早くもふ禁解いてせったん!

漆黒の堕天使速報。巡回警備中に「まだだ…まだ介入は出来ない。焦るな、まだまだチャンスはある」という呟きを高音・ヌッゲール・ゴッドマソ……失礼致しました。高音・D・グッドマンに聞かれていました。高音・D・グッドマンは漆黒の堕天使とのエンカウント率が高い為、周りから「いい仲なのでは?」と認識されている模様、対応には十分お気を付け下さい。勘違いから始まる恋も……あるかもしれないのですから。

「……何なん今の?」
「お嬢様は速報を聞くのは初めてでしたね。漆黒の堕天使と名乗る方がいて、その方の行動を念話で流しているんです」
「速報聞こえたら、速報の人乙っと心の中で言ってやって。つか、名前間違えたのわざとだろ」
「絶対わざとだよね……何か先生みたいだ」

アル(ryに、ゴッドマソの呼び方教えたの俺だし。まさか、速報でやるとは思わなかったけど。……ゴッドマソ×堕天使くんという認識が広まっていたのは初耳だけど。確かによくエンカウントしてたわな。ゴッドマソに心の中で敬礼!

「じゃあ、俺はこれで」

キャシーに顔見せに行きたいし、アル(ryにも聞きたい事があるしな。さーて、熊さんでも狩りますかね。








「キャシーが喜んでいるのはいいのですが、汚れてしまいそうですねぇ」
「いいじゃん、魔法で掃除するんでしょ? ニートの極みじゃないか」

キャシーは現在、熊さんをモグモグ。意外とゆっくり食べてる……グロいけどな。酒は食後に飲ませて上げよう。キャシーの身体の大きさから考えると、足りないかもしれんがねぇ。

「ちょっと気になったんだけど、ネギくんに速報流れてないっぽくね?」
「彼はまだ速報登録されていないだけですよ、近衛木乃香さんは早めに登録しましたが」

速報登録って何さ? と思っていたら、何やら紙を出してきた。

「一応、速報を流す人は選んでいるのですよ。この紙に個人の気や魔力のパターンを登録しなければ、速報は届きません」

へー、何か連絡網を思い出した。ちなみに、そのパターンとやらはじいちゃんから提供して貰ってるらしい。それに仮契約カードの念話を模倣した何かを足して、皆さんのところへお届けと。無駄に手が込んでるのが、この人らしい。

「漆黒の堕天使くんは、行動が面白いので速報として流していますが。別に他の方の行動を流してもいいのですけどね」
「相変わらずの悪趣味だわ」
「勿論、流してはいけない情報は流しませんが。本当は朝霧くんと桜咲さんの仮契約も速報したかったのですが」

まあ、あんまり公にすると、情報の漏洩に繋がる可能性もあるしな。だから俺も、個人的にある程度、付き合いのある奴にしか教えてない訳だし。特に、現在の戦力に関する情報は流せないな。

「せったんとの仮契約と言えば、あの時のアレ、映像とかに残してないの?」
「勿論ありますよ。私があの様な面白い事を逃がすはずがないですから」

そりゃまあ、確かに。やっぱ性格悪いわ、面白いからいいけど。……あの水晶かね?

「じいちゃんとかこのかが見たがってたから、見せてやろうかと……せったんの前で」
「それはそれは、桜咲さんも大変ですねぇ」

せったんの慌てふためく反応が、可愛くて仕方ないんだよっと。もふもふに関しては最強だけど、普段は弄り易い子なんだよ、せったんは。

「その水晶はコピーですので、持ち帰っても結構です」
「オリジナルがあるとか抜け目無さ過ぎる件」

他人の人生の収集が趣味なんて人だからな。ここまで開き直られると、いっそ清々しい。

「あ、せったんがさ、気と魔力の融合の修練に入ったんだけど」
「おや? もうそこまで行きましたか? それで、私のアドバイスは伝えたのですか?」
「伝えますた」

タカミチもそれっぽい事言ってたし、あれは咸卦法修めるのに必要なもんだと思ったからね。

「もしかして咸卦法使える人が知り合いに居るとか?」
「そんなところです。強大な魔力等を持つ方には必要のない技法ですが、個人的にも興味がありましたので」

物知り過ぎる、さすが麻帆良の司書さん。年齢不詳っぽいし、結構長生きしてんのかもね。

「俺昔さー、興味本位で闇の魔法に手出した事あるんだけどさー」
「ほほう? それはキティの編み出したアレの事でしょうか? 今、朝霧くんがここに存在すると言う事は……」
「まあ、なんとか生還したんだけどねぇ……」

アレの中だからさ、“掌握”出来たんだけどねぇ。習得出来てひゃっほーって思ってたら、俺には決定的な事が欠けてたのよ。

「詠唱出来ないとさ……リアルじゃ使えないんだよねぇ」
「それはまた、骨折り損のくたびれ儲けですね。命を掛けた意味がまったくない」

ちゃんと説明しなかったエヴァが悪い。詠唱必要だなんて、終わって戻ってくるまで言わなかったし。ありゃ確信犯だわ。詠唱が必要だって知った時の絶望感と言ったらもう……本気で落ち込んだわ。

「最悪、アレが自爆とかに使えればいいのに……」
「朝霧くんの必殺技は自爆ですからねぇ。生還出来たと言う事は、闇の魔法の才能はあった、という事にはなりますが……応用も効きませんし。発動初期段階なら……詠唱無しでも問題はないと記憶していますが、出力の上昇はあまり期待出来ませんからねぇ」

闇の魔法も駄目、咸卦法も駄目、詠唱も駄目、家事も駄目。駄目駄目尽くしで、先生微妙な気分になりました。せめて、この身体にある、賢者の石の贋作を取り除くか、改良するか……もしくは、生成に使われた材料がわかればなんとか出来るかもしれないんだけど。

「コレ、どうにかなんないかなぁマジで」
「私の方でも記憶している資料と照らし合わせて、調べてはいるのですが……オリジナルの賢者の石の情報も無いので……そもそもオリジナルが存在していたのかもわからないのですから、都市伝説の様なものなのでしょうね」

確かに。創られた事があるのなら、何かしらの情報は残るはずだからな。その痕跡も無いみたいだし……あの研究者達が適当に名前付けたんじゃないのかコレ? 創ったはいいけど、望んだ能力を持ってなかったからとかね。なら、贋作じゃなくて、普通に他の名前を付けといて欲しかったわ。もう『ぬこの石』にしとこう。

「何か、使える必殺技とかないの? ぬこのしっぽを媒介に断罪の剣使ったら、出力が安定して威力も上がったんだけどさー……断罪の剣ってやっぱエヴァと被るし」
「ふむ……世の中には気合で山を破壊する人も居ますが、一概に必殺技と言っても……精霊に干渉する事が困難な朝霧くんには……難しいところですね」

気合で山壊すとかすげぇな、そいつ絶対に変態だわ。

「誰かと仮契約してアーティファクトを手に入れるのが、今の所は最善でしょうか? キティにでも頼んでみたらどうですか?」
「ペットにされるからそれは嫌だ」

エヴァの事だから、最終形態で過ごせ、とか言ってきそうだし。俺のお主人ちゃんはこのかだからね。

「必殺技に関しては、私の方でも色々と考えておきましょう」
「お願いします」

んじゃ、ちょっと気分転換にキャシーと遊ぼうかね。食事も済んでるみたいだし。

「キャシーと契約とか出来ないかなぁ?」
「きゅーん」
「出来るには出来るでしょうが……一応、ここの門番なので」

それに身体も大きいしな。外連れてく訳にも行かないし。

「どっかの超絶美形主人公の竜戦士みたいに融合出来れば……」
「貴方達の融合で麻帆良が危ない」




38話へ




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://gdgd081.blog89.fc2.com/tb.php/56-cf4900a3

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。