スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝霧先生(ry 41話 登校地獄でgdgd。その一。

このかとのいちゃラブお見合いも終了し、いつも通り別荘へ。西に付いているかもしれない西洋魔術師、あるいはそれを使う事の出来る術者の対策も、考えなければならない。守るのはいい、仕事というだけではなく、このかを守るというのは俺の意思だから。守る為の剣であるせったんと、守る為の盾である俺、それでも最悪を想定しなければならない。その最悪の自体を回避する為の修練……と行きたいところだったんだが。

「エヴァさんは、ネギ先生を襲うんでしょ?」
「ああ、私の身体に刻まれている、この忌まわしい呪いを解く為にな」

エヴァは自身に掛けられている呪いを解く為に、ネギくんの血を狙っている。情報収集はもう終わったんだろう。それならば実行するのみ、何だけど。アキラはそれに不満があるらしい、アキラらしいと言えばアキラらしい。

「私は……本当なら誰も傷付けたくないし、傷付く所を見るのも嫌だ。だけど、現実はそんなに甘く無い」
「ほう? よくわかっているじゃないか。それで? 大河内アキラ、お前は私に何が言いたい? 何を聞きたい?」

アキラは優しい子だ、今言った通り出来る事なら誰かが傷付く所は見たくないだろう。それでも、いや、だからこそアキラは覚悟を決めている。力を振るうのは……守る為だと。詭弁かもしれない、だけどそれこそがアキラが力を求め、振るう理由である。

「エヴァさんは……ネギくんの命を奪うの?」
「いや……私としてもぼーやには興味がある。それに女子供を殺すのは私の主義に反する事だからな。まあ、多少血を吸い過ぎてしまうかもしれんが、死ぬまで行う訳ではない」

エヴァの境遇はある程度聞いているはず、だからこそどちらにも付けないし、付いてはいけない。それでも、アキラにも覚悟がある筈だ。

「それは……ここで誓える?」
「ああ、さっきも言ったが主義に反する事はせん。それは誓ってやろう」
「なら……それならもし、エヴァさんが、この誓いを破る事があったなら……」

この眼は、本気で覚悟を決めた眼だな。力量の差なんて十分にわかっている、それでも決めた覚悟を貫く、そんな眼だ。

「―――私がエヴァさんを討つよ」
「クッ……クックックックッ……はーっはっはっはっはっ! 天と地程の差があると知りながら、私を討つと?」

エヴァは嬉しいのかもしれない、今この瞬間だけは自分達が対等である事が。だからエヴァは問う、全てを掛けて私を討つ覚悟があるのかと。エヴァを討つという事はつまりそういう事だ。

「私は……皆に笑っていて欲しいから。ネギ先生が命を落とせば……ネギ先生の記憶は、きっと消されるんだろうけど……それは嫌だから。何がきっかけで思い出すかわからない……そんな日常を皆に与えられるのは嫌だから―――皆の日常を壊すのなら、私がエヴァさんを討つ」

正直、ここまで成長しているとは先生思っていなかったよ。これはもうその辺の魔法使いの覚悟なんて比較にならない。己の力量を見極め、相手の力量を認め、それが絶望的な差だとしても討つとアキラは言ったんだ。

「面白い……本当に面白いな。大河内アキラ、いや、アキラと呼ばせて貰おう。お前は正しく、朝霧の弟子だよ。認めようお前の覚悟を、そして私も改めて誓おうじゃないか、ネギ・スプリングフィールドの命は奪わないと」

エヴァにここまで言わせたのは、過去に何人居ただろうか? 恐らくは両手で数えられる程しかいない筈。そのエヴァに認められたんだ。そして、誓いすらさせた。これがどんなに凄い事か、アキラ本人はわかってなさそうだけどな。

「と、まあ、何故かシリアス風味だった訳なんだけど、アキラの心配する様な事はないから安心しなさい」
「うん、それはわかっているんだ。普段のエヴァさんを見てきたんだから、だけど聞いておきたかった」

律儀だねぇ、俺の弟子とは思えない程律儀だわ。だからこそ好感が湧く、アキラはアキラの思う通りにやったらいいと先生は思うよ。

「んじゃ、この話は終わり。シリアスな雰囲気は苦手なんだよ俺」
「締まらない奴だな貴様も。まあ、私としても面白いものが見れたからな、この辺で堅苦しい話は仕舞いにしようじゃないか」

エヴァはシリアスモードだと、無駄にラスボスっぽくなるからな。見た目幼女の癖に、威厳があるとか、さすが中身お婆ちゃんだ。

「アキラも深く考えないで楽に行こう楽に」
「ん、そうだね……まあ、朝霧先生程楽に行こうとは思わないけど」

失礼な奴だなお前は。もう少し師匠を敬うと言う事をだね。

「素晴らしい覚悟でしたアキラさん、本当にどこかの誰かさんに見習って欲しいくらいに」
「おい」
「ウチも、アキラちゃんに負けへん様に頑張らな!」

本当に酷いなお前等!? 別にいいけどさ! もうこうなったら、茶々丸に抱き付いて慰めてもらうわ!

「茶々丸ー!」
「よしよし……さ、あちらのベッドでゆっくりと―――」
「やめんか馬鹿共!」

うるさいよエヴァ。さて、それじゃあ覚悟を決めたアキラには、色々と本格的に叩き込んで見ようかね。

「まあ、そんなアキラの武器が未だに決まっていない訳なんだけど……どうしよう?」
「ふむ、馬鹿霧の戦闘スタイルを学ぶと言うのなら、神鳴流ほどではないが得物は選ばんだろう」
「うーん……朝霧先生の魔法障壁とか…ちょっと羨ましいかな? あとは……気を…えーと、先生達が使う断罪の剣みたいな形に集束させたり……そんな事が出来る様なのが欲しい、かな?」

ああ、それなら確か考案していた物の中にあったはずだから、それで良さそうだな。茶々丸の新武装に近い、だけど使い方が違う……篭手、つまり『ぬこの手』だな。

「それじゃあ、俺とエヴァはちょっと工房に篭るから、皆好き勝手やっててくんろ」
「貴様の竜の尾は本当に重宝するな……新たに収穫した分で私用に何か造ってみようか」

おま、それ以上強くなってどうすんのさ? 別にいいけどさ、封印状態でも武器になる様なの造ればいいんじゃないか? 封印が解けたら関係ないかもしれないけど、それでも何かあるのと無いのじゃ違うだろう。工房に篭ってから聞こえた爆砕音、またせったんと茶々丸が戦り合ってんのかな? あの二人も好きだねぇ。









「「三年! A組!! ネギ先生ーっ!!」」

金八先生のパクリですね、わかります。茶々丸の頭の上から、おはようございます。さて、エヴァはどんな方法でネギくんを煽るのかな? 目立った動きを見せてないから、ネギくんから動くなんて事はないぞー。

まずは……眼で殺す、か。ネギくんだけを威圧して、エヴァに意識を向けて……口だけ動かし始めた? えーと、『サウザントマスター』…ね。なるほど、ネギくんの興味を引くにはピッタリの餌だな。ネギくんが来てから、地味に情報収集してた様だし、ネギくんの夢も、その夢を見る事になったきっかけも、ある程度知っているんだろう。俺はタカミチから聞いたけど。

多少、ネギくんも動揺したみたいだな。でも、これだけじゃまだ足りないと思うけどな。ナギ・スプリングフィールドの名は有名だし。まあ、エヴァが魔法使い、あるいは関係者だって事を植え付けるのには成功したって所かな。どの辺りでネギくんが動くか―――ありゃ? しずな先生?

「ネギ先生、今日は身体測定ですよ。3-Aの皆も準備してくださいね」

ああ、そういえばそうだったな。女の子達が身長、体重、そして3サイズなどで一喜一憂するという素晴らしいイベントである。タマは変態で紳士なぬこだから、そそぉいと逃げさせて頂きますがね。

「で、では皆さん、身体測定ですので……今すぐ脱いで準備して下さい!」

さすがド変態紳士ネギくん。まさかの脱いで下さい発言、やはりスプリングフィールドは格が違った! 俺も躾されない内に、あーばよー、とぉーっつぁん! と、茶々丸の頭から降り、ぬこの身体能力を無駄に生かして、床を駆け、ネギくんの肩に飛び乗り教室を脱出。

『待ってる間、暇すぎて困りますなー』
『え? あ、そ、そうですね……』

思ったよりも、効果抜群だったのか? エヴァが気になって気になって仕方ないみたいだ。麻帆良に来てから、ナギ・スプリングフィールドの事なんて、聞く事なかったみたいだし、尚更かね?

『何か気になる事でもあるの?』
『へっ!? ……僕、もしかして顔に出していましたか?』
『うん、ドッピュドピュ出してた。何が気になってるのか、わからんけど。取り合えず行動してみたらいいんじゃない?』

白々しくもちょっと煽ってみる。エヴァの家とか担任だからわかるだろうし、これで動きを見せるのではないかと、ぬこ考えてみる。エヴァには恩があるからな、ぬこの恩返しと言う奴でありますよ。ま、手を貸すのは一先ずここまでだけどね。うーん、どうしようかなぁ? ネギくんの味方に付くか、エヴァの味方に付くか……それとも、某歌姫軍団の如く、第三者として場をかき乱してみるか……どれも、楽しそうだから、ぬこ迷っちゃう!

ぬこ的に言わせてもらうなら、『立派な魔法使い』ってのはよくわからんのです。表向きは国連NGOとして活動、じゃあ裏ではどうなのって話。何も戦闘するばかりが魔法使いじゃないってのはわかるんだけど、それは相手が一般人の場合だからねぇ。問題を起こしたのが魔法使いなら、何かしらの力が必要になる。難しい所だな、力を振り翳すつもりは無くても、見方を変えればどうとでも捉えられる訳だし。命を奪う事も、生かす事もある、奇麗事だけでは世の中渡っていけない、そういう事を象徴しているのが『立派な魔法使い』なんだと、タマは思っている。

ま、どんな物にも裏があるという事かね、麻帆良にだっていくらでも暗部はあるからな。新米の魔法使いは知らないだろうけど。だからこそ、力を振るう者は覚悟を決めなければならない、与える覚悟と、奪う覚悟、そしてそれらを背負うって生きる覚悟。ネギくんはどんな覚悟を見せてくれるんだろうか? ……ニートぬこらしくない思考を働かせてしまった。

『ニートの心を取り戻す為に、ちょっと寝てくるのでありますー』
「あ、タマさん!」

輝け! 俺のニート力!









ん?来たか? あの程度の揺さ振りでは動かんと思っていたのだが……ふん、馬鹿猫が煽ったのか? 私の所に来るのなら、ここを通らねばならんから、念の為待ち伏せてはいたが……無駄にならずに済みそうだ。まあ、待っている間、ここの夜桜を肴に酒を飲もうと思っていた所だ、ぼーやが来なくとも特に問題はなかったがな。

ぼーやが、ゆっくりとこちらに近づいて来る。持っているのは奴の杖、か。多少、緊張が見えるな、それ程までに父親の事が気になっている、と言う事か。

「こんばんわ、ネギ・スプリングフィールド先生」
「……こんばんわ、エヴァンジェリンさん」

声も少し硬いな、そんなにガチガチだと、いざと言う時に動けんぞ、ぼーや。

「来るとは思っていなかったが?」
「貴女に聞きたい事があったので……それに、気になる事があるなら行動してみたらいい、と言ってくれた人がいましたから」

ほう? やはりあの馬鹿猫が煽ったか。ニート猫もたまには役に立つじゃないか、普段から素直に私に従えばいいものを。ああ、もふもふ……いかん、思考を切り替えろ。

「聞きたい事とは、サウザントマスターの事かな?」
「はい……貴女は、サウザントマスター……お父さんの事を何か知っているんですか?」

今、奴が何をしているかは知らんが、昔の事ならば。ただでは教えられんがな。聞けば答えが帰ってくるなどと、そんなに都合良く物事が動くはずがない。

「そんなに奴の事が気になるのか? それならば、教えてやっても構わん――」
「ほ、本当ですか!?」

ああ、ただし―――

「―――私に勝つ事が出来たら、の話だがな」
「え?」

さて、ぼーやは私に何を見せてくれるのかな? 挨拶代わりに、魔法薬を触媒に使って氷結・武装解除を放つ。緊張でガチガチに固まったその状態で、どうするか――ほう?

「フ、“風花・武装解除”!」

咄嗟に同種の魔法をぶつけて相殺したか。緊張していた割に、反応は悪く無いな……ナギ譲りの馬鹿魔力もある。

「い、いきなり何をするんですか!」
「何をするもなにも、今見た通りだよ、ネギ先生」

新米の魔法使い、それも見習いのぼーやは知らないのかもしれんが。

「世の中には、いい魔法使いと悪い魔法使いが存在して、今、先生の目の前にいるのが悪い魔法使い、という訳だ」

驚愕の表情? やはり知らなかったのか? ふむ、昨今の魔法学校ではそんな事も教えていないのか。馬鹿猫が愚痴っていた通りだな。才能があるからと、ただ魔法を教えるだけでは駄目だというのに。

「一般人にだって、いい人間と、悪い人間が居るだろう? それと同じさ」
「そんな! 世の為人の為に働くのが魔法使いの仕事です!」

むぅ、やり難い奴だな。世の為人の為に働いてない魔法使いなんぞ、その辺に居るだろうが、馬鹿猫とかな。そんな事を一々考えているのか、このぼーやは? 考えるな、感じろ、今目の前で起こっている事が全てなのだからな。

「現実を見ないと駄目だぞ? ネギ先生」

嫌味を込めて言い放ち、マントを広げ、宙を舞う。茶々丸が待機している場所に着くまで、空中戦と行こうじゃないか。

「待ちなさーい!」

待てと言われて待つ馬鹿なんぞ居るか。しかし何だ、やはり封印状態というのはストレスが溜まるな。馬鹿霧ではないが、極大魔法を放ちたい気分になってくる。魔法薬を触媒に使ったとしても、使用出来る魔法は限られている上に、大した威力もないからな……ちっ、忌々しい呪いだ。

「リク・ラク・ラ・ラック・ライラック。氷の精霊17頭。集い来たりて敵を切り裂け。“魔法の射手・連弾・氷の17矢”」

触媒を使っても、この程度が限界か。馬鹿猫……馬鹿霧から血を吸っておいて正解だったな。

「ラス・テル・マ・スキル・マギステル! 光の精霊17柱。集い来たりて敵を射て。“魔法の射手・連弾・光の17矢”!」

これも相殺されたか。まあ、この程度ならどうとでもなるだろうな。魔力の割に威力が低いのは、私が生徒だからと加減しているのだろう。

「ラス・テル・マ・スキル・マギステル! 風精召喚! 剣を執る戦友! “捕まえて”!!」

精霊召喚か……捕縛魔法とは甘いが、封印状態の今では少々厄介だな。

「“氷結・武装解除”」

なんとか消し去ったか、無駄に魔法薬を使わされるな。ハンデ戦でも、魔法のみというのは中々に骨が折れる。―――むっ、先回りされたか。杖を使っているとはいえ、かなりの速度だな。

「追い詰めた! これで終わりです! “風花・武装解除”!」

ちぃ! 脱がされたか! 賭けは馬鹿猫の勝ちか! ああ、秘蔵の酒が持っていかれる! ぼーやもぼーやだ、使い勝手がいいからと、やたらめったら武装解除なんぞ使いおって! これでは高音・D・グッドマンと同じではないか! ……いや、奴の場合は自分で脱いでいるんだったか? まあ、どうでもいい。ふん、今ので魔法薬も吹き飛ばされたか、仕方ない、近くの屋根にでも降りるか。

「僕の、勝ちです。約束通り、お父さんの事を教えてもらいますよ」

早漏が。もう勝った気でいるとは、やはり子供だな。

「残念ながら、まだ勝負は付いていない。来い、茶々丸」

……よく考えたら、パートナーを呼んだ時点で、ハンデもクソも関係無くなってしまうな。それならば、最初からハンデなんぞやらずに叩きのめしてやれば良かった、失敗した。

「呼ばれた様ですのでジャジャジャジャーン」
「な、仲間!? あ、貴女はっ!」

どうでもいいが、雰囲気台無しになる様な登場の仕方をするな馬鹿従者。今は、ぼーやがなんとかシリアスを保っているが、危うく壊される所だったぞ。

「出席番号10番、一応マスターの“魔法使いの従者”を勤めさせて頂いている、絡繰茶々丸です。最近、プロポーズされました」
「あ、そうなんですか? おめでとうございます……って、茶々丸さんはまだ中学生ですよね!?」

やめろアホ共! もうぐだぐだじゃないか! 茶々丸も余計な事を言いおって……それもこれも全部、馬鹿猫の所為だ! あのクソ猫、後で覚えていろよ!

「……やれ」
「お断りします」
「おいぃ!?」

何故逆らう!? ここは、お前が私の命に従って動くところを見せ、私の持つカリスマと貫禄を見せ付ける場面だろうが!?

「タマちゃんとの契約を許可して下さるのなら……迎撃しますが?」
「ぐぅっ! また、あの馬鹿猫かぁ!? 」
「……二人まとめて捕まえてもいいですよね?」

ぬぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっっっっ!! に、二重契約か、ぼーやに負けるか、どちらか一方を選ばなければならないとは……あの馬鹿猫め、今の状況をどこからか覗き見て楽しんでいるのだろうなっ。し、仕方ない、二重契約を許可するのも屈辱だが、半人前のぼーやに負けるのはそれよりも上の屈辱だ。

「きょ、きょ、きょ、許可するぅ!」
「ありがとうございます、マスター。それではネギ先生、失礼致します」
「風の精れ―――あだぁ!?」

癪に触る従者だが、やはり高性能だな。魔力強化すらしていないのに、デコピンでぼーやを吹っ飛ばしたぞ。…………………おい、貴様。

「いつ現れた?」
「茶々丸が登場した時からずっと、茶々丸の頭の上に居ますた。認識阻害の札を背中に5枚ほど貼って誤魔化してたんだよ! 今の反動で、何枚か飛んでっちゃったけど」

つまりなんだ、こ、この馬鹿猫は、し、至近距離で私の醜態を見ていたという事か? 私が苦渋の選択を強いられていたあの状況を、至近距離からニヤニヤしながら見ていたと、そういう事なのか?

「残念だったな、ネギくん!」
「私達二人が揃ったからにはもう―――いちゃいちゃラブラブ、見せ付けながら戦いますので、ネギ先生に勝ち目はありません、ネタ的な意味で」

残念なのは貴様らの頭の中と、私の状況だよっ!! 真面目にやる気が無いならもう帰れ!

「た、タマさんまで……ま、まさか悪い魔法使いだったんですか?」
「それは違うよネギくん。俺は、人のお世話にならないと生きていけない、一種の寄生生物。朝霧裕香と書いて、ニートと読むきん! な、タマでございます」
「そしてめでたくもタマちゃんと契約する事になった、絡繰茶々丸です。改めてよろしくお願いします」

何なんだこの二人は。

「でも安心してネギくん! 俺は見てるだけで何にもしないから!」
「お相手するのは、マスターの従者である私だけです」

安心もクソもないだろうに。もう、貴様等の所為でぼーやもパニックになっているではないか! ああ、そういう時だけ使命を果たそうとするな茶々丸! たく、仕方あるまい。

「そのまま抑えていろ茶々丸」
「これが噂の複数プレイと言う物なのですね、確かに記憶致しました」

もう黙れ。頼むから黙ってくれ、話が進まない。腕の関節を決められ、詠唱を封じる為に首に腕を回され拘束されている、ぼーやに近づく。

「わけのわからん状況ではあるが……これで私に掛けられた呪いを解くことが出来る」
「え、の、呪い? ……っ…」
「そうだ、お前の父親が掛けてくれた忌々しくも、馬鹿らしい呪い。名を“登校地獄”と言ってな、もう15年もの間この学園に通わされている」

馬鹿ナギが、馬鹿魔力に物を言わせて掛けてくれたおかげで、本来の術式とは違う物になっているがな。術式さえまともならば、修学旅行にも行けるというのに……いうのに……

「土産だけ貰って気分に浸る事の何と言う屈辱か……っ!」
「エヴァ……」

私だって修学旅行に行きたいのだ! 学園に通う事はもう慣れたからどうでもいい! しかし、休日も麻帆良から出られず、修学旅行も行けないなどと……惨め過ぎるではないか! 私だって観光したいのだ!

「だが、その屈辱も……今日で終わりだ! 今のところはこれと言って目的も無いから学園には通うが……呪いを解いて自由気ままな生活をエンジョイするのだぁ! ちなみに、この呪いを解く為には、掛けた者の血縁者の血が必要になる訳だが……安心しろ、死ぬまで吸うわけではない」
「安心なんて出来ないですよー!?」

知るかそんなもの! 観光名所が私を待っているのだ! ぼーやの首と肩に手を掛けて噛み、血を吸い上げる……これだ! この感じ! これならば呪いも無事解ける―――

「この変質者共ー! ウチの居候に何すんのよ!」

何っ!? 神楽坂明日菜だと!? 何故この女がここに―――

「はぶぅ!?」
「当たらなければどうという事はありません」

何だ今の蹴りは!? 障壁を無効化しただとぉっ!? 確かに多少力はある様だが、障壁を破るには足りないはずだ! というか茶々丸! 何お前だけ回避している!?

「おー明日菜じゃないか。何でここにいんの?」
「ネギが何時まで経っても帰ってこないから適当に探し回ってたのよ! そしたらネギとあんた達が見えて……子供相手に何やってんのよ!」
「ナニしてた」
「ナニしていました」

……傍から見れば、そう見えなくもないな、どうでもいいが。何なんだこいつは? ガキが嫌いとか言っていなかったか? 適当に探し回って見つけるとは……こいつもショタコンだったのか?

「大丈夫かエヴァー」
「むぅ……少々痛みはあるが、問題は無い……ちっ、仕方あるまい、一旦引くぞ」

興が削がれ……もう途中から削がれていたな。まあいい、チャンスはまだあるのだからな。ぼーやの武装解除で剥かれたから飛ぶ事は出来ない。合図を出し、茶々丸に抱きかかえさせる。戦意の喪失したぼーやと、素人の神楽坂明日菜など、取るに足らん。離脱は容易に出来るだろう。

「ふっふっふっ! 去る前に一つ教えてやろう! 実はこのエヴァンジェリンは……ネギくんのお母さんだったんだよ!」
「馬鹿者ぉー!? いきなり何を言い出すのだ貴様はぁー!?」

まだ覚えていたのかこの馬鹿猫は! そんな嘘、誰も信じる訳が無か――

「え、嘘……本当に?」
「え、エヴァンジェリンさんが……僕の…お母さん?」
「貴様らも真に受けるなぁー!!」

最後まで台無しだ!




42話へ




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://gdgd081.blog89.fc2.com/tb.php/60-357844f4

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。